【概要】


患者さんの安全を確保することは、質の良い医療を提供する上での基本です。
また、安全な医療組織を構築するためには、医療事故(アクシデント)や医療事故に結びつく可能性のある事象(インシデント)について、「情報収集」「分析」「対応」「対応の評価」を系統的に行う必要があります。
この一連の流れを恒常的に行い、組織が一体となって医療にかかわる事故の発生を抑制することがとても重要であるため、当室では次のような活動を行っております。

【取り組み】


・提出された医療事故報告による事例の検証・再発防止策の策定・効果
の判定および評価

・医療事故発生時の対応と原因究明、再発防止策の検討と院内周知

・業務改善についての提案・指導

・医療事故防止のための教育・研修の企画、運営

・医療安全に関わる院内業務マニュアルの整備推進

・医療安全対策マニュアルの整備

・医療安全に関わる患者家族からの相談

・地域連携病院との相互ラウンドの実施

・その他の医療安全業務に関わること

Copyright(c) 2003-2015 Shirakawa Hospital All Rights Reserved.