内科・透析科

現在、日本には約33万人の透析患者さんがおり、新しく毎年3万5千人以上の方が末期腎不全のために透析療法を開始しております。当科では腎疾患の予防と早期発見に努め、専門的な診療や高血圧・肥満など生活習慣病の治療を通じて、末期腎不全の進展と透析への移行を抑制しようと日々努力しております。腎不全や透析を行っている患者さんは、たとえば感染症や薬剤など様々な要素が全身に大きな影響を与える可能性があります。このため、日頃の管理や調整がとても大切です。患者さんに寄り添った、きめ細かい医療を心がけております。地域の皆様の健康維持に貢献し、安全で質の高い医療を目指しております。

◊ドクター紹介はこちら◊

Copyright(c) 2003-2015 Shirakawa Hospital All Rights Reserved.